知っておくと便利な 石屋さんの豆知識 その18

「六曜(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口)の由来と意味」

もともとは中国で発生した時刻の吉凶占いで、江戸時代の終わり頃から人々の間で流行し、いつしか暦に記されるようになり現代に至ってると言われています。

おみくじ画像 先勝・・先んずれば勝の意味で、早ければ吉。万事朝から昼までにすれば障りなしとされています。
友引・・凶事に友を引くの意味で、午の時刻(正午頃)は特に悪く、この日の葬式は大いに忌むべし、とされています。
先負・・先勝の逆で、先んずれば負けるの意味。万事朝から昼までが悪く、昼過ぎからは吉とされています。
仏滅・・仏も滅亡するような最悪の日の意味で、移転・開店をはじめ、何事も忌む日とされています。
大安・・大いに安しの意味で、旅行・婚礼など万事において吉日のめでたい日とされています。
赤口・・もともと陰陽道でいう凶日のひとつで、午の時刻(正午頃)だけが吉、朝夕は凶で、特に祝い事は大凶とされています。
ビックカメラ2004年のカレンダーより。


原産業株式会社